コムテックス朝の
海外市況:貴金属

ニューヨーク金は下落、銀は反落。金12月限は下落。時間外取引では、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の発表後に上げ一服となった流れを受けて売り優勢となった。フランスのPMI速報値が強い内容となったことも圧迫要因となった。日中取引では、押し目を買われて下げ一服となったが、株高に上値を抑えられた。銀9月限は、金軟調につれ安となったが、日中取引では押し目を買われて下げ一服となった。
プラチナ系貴金属(PGM)は、プラチナが続伸、パラジウムは反発。プラチナ10月限は続伸。時間外取引では、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の発表後の金軟調やユーロ安を受けて売り優勢となった。日中取引では、金の下げ一服や株高を受けて堅調となった。パラジウム9月限は、他の貴金属の押し目が買われたことや株高を受けて堅調となった。


2019/08/23 08:04

0.戻る

(株)コムテックス