コムテックスサイト >オンラインサイトTOP > 商品先物取引のしくみ > 株式との比較

株式との比較

株価は、主に景気動向や各企業の業績で変動します。一方商品先物取引は貴金属や石油製品、農産物など多くの商品が取引されていますので、価格変動の要因は、為替変動、世界経済の動向、諸外国の政治情勢や地域紛争、天候などさまざまです。それらが商品の需要と供給を左右します。

投資対象 株式現物 FX(USD/JPY) 商品先物(ゴールド)
取引目的 価格の上昇を予測して利益を得る 価格の上昇もしくは下落を予想して利益を得る 価格の上昇もしくは下落を予想して利益を得る
投資資金 現金にて総代金 総代金の4%以上の証拠金
(レバレッジ25倍以下)
総代金の1〜10%の証拠金
(レバレッジおよそ70倍)
投資期間 無制限 無制限 最長1年程度
(限日取引は無制限)
取引単位 ほぼ100株単位 10,000通貨 1,000グラム
投資タイミング 上昇局面 上昇・下落局面 上昇・下落局面

取引単位(2018年12月1日現在)
東京金 1,000g
原油 50kl
ゴム 5t
東京とうもろこし 50t

取引単位

株式では取引の単位が、1000株、100株、1株と銘柄によって定められています。商品先物取引でも、各銘柄ごとに1000g、50kl、50tと取引の単位が定められており、この取引の単位を「枚(まい)」と呼びます。

コムテックスオンライントレードをご希望の方は、
ネット上で手続きができる無料の口座開設をご利用下さい。

コムテックス オンラインサービス 口座開設へ

キャンペーン情報
インターネット照会サービス
コムテックスオンライン取引 SPAN証拠金制度
プロが考案した先物取引ツール TradeOne Pro
トレードワン プロ ダウンロード
(EXEファイル:4.7MB)
CXマーケットEye
フュージョントレード
TradeoneOnline