コムテックスサイト >オンラインサイトTOP > 商品先物取引のしくみ > 注文の種類

注文の種類

商品先物取引のしくみ(注文の種類)

コムテックス「TRADEONE PRO」では、東京商品取引所の売買注文にすべて対応していますので、状況に合わせた取引を行うことができます。

東京商品取引所

指値注文(LO) 価格指定して発注する注文で、売注文であれば指定価格以上で約定し、買注文であれば指定価格以下で約定する注文です。
指値注文
買い注文は、指定した買い値以下での売り注文がなければ、いつまでも売買は成立しません。(売り注文の時は逆)そのため、指値注文はいつまでその注文を出し続けるか、発注時に注文の有効期限をよく検討してください。
成行注文(MO) 価格指定しないで発注する注文で、約定できない場合にはキャンセルされます。※全量約定は保証していません。
成行の買い注文を入れると、その時の最も安い売り注から順番に対応して注文が成立します。成行の売り注文では、最も高い買い注文から順番に対応して注文が成立します。
成行注文
マーケット・トゥー・リミット
注文(MTLO)
マーケット・トゥー・リミット注文(MTLO)は、価格を指定せず、注文受付時点での最良気配値で約定させる注文方法です。最良気配値とは、最も取引に有利な価格のことで、買いたい人にとってはその時点で最も安く買える価格、売りたい人にとってはその時点で最も高く売れる価格の事です。
逆指値注文
ストップ注文・逆指値(SO) 逆指値注文は、通常の指値注文とは異なり、買いの場合は「指定価格以上になったら買い」、売りの場合は「指定価格以下になったら売り」を行う注文方法です。
逆指値注文
逆指値注文は指定価格に到達したら成行注文で注文を出しますので、指定価格よりも不利な価格で約定することがあります。
スタンダード・
コンビネーション注文
(SCO)
同一商品の2 限月における鞘価格指定して、売・買同枚数を1注文として発注します。または、定められた異なる商品における鞘価格指定して、売・買同枚数を1注文として発注します。 詳しくはこちら
引成注文 引板合わせで成行注文をする注文方法です。注文の有効期間は引板合わせの時だけなので、ザラバ中に注文を出しても引けになるまで注文は執行されません。
引指注文 引板合わせで指値注文をする注文方法です。引板合わせで指定価格になった時のみ注文が執行されます。
フィル・アンド・ストア
(FaS)
約定できるものは約定し、残注文は市場に保持します。
フィル・アンド・キル
(FaK)
約定できるものは約定し、残りは失効します。
フィル・オア・キル
(FoK)
全量約定できる場合は約定し、出来ない場合は全量失効します。

コムテックスオンライントレードをご希望の方は、
ネット上で手続きができる無料の口座開設をご利用下さい。

コムテックス オンラインサービス 口座開設へ

キャンペーン情報
インターネット照会サービス
コムテックスオンライン取引 SPAN証拠金制度
プロが考案した先物取引ツール TradeOne Pro
トレードワン プロ ダウンロード
(EXEファイル:4.7MB)
CXマーケットEye
フュージョントレード
TradeoneOnline