コムテックスサイト >オンラインサイトTOP >東京商品取引所の新システム移行に伴う制度変更のお知らせ

東京商品取引所の新システム移行に伴う制度変更のお知らせ

2016年9月20日(火)より、東京商品取引所(TOCOM)のシステムが日本取引所(JPX)の取引システムへ移行されます。 これに伴い、立会時間や売買注文の種類等の取引ルールが一部変更されますのでご確認いただきますようお願いします。

取引所の取引時間変更

・日中立会の取引開始時間が15分前倒しされます。
・夜間立会の取引終了時間が90分後ろ倒しされます。
・ゴムの夜間立会時間に変更はありません

東京商品取引所の取引時間は、日中立会は「8:45〜15:15」・夜間立会は「16:30〜5:30(29:30)」となります。 なお、ゴム夜間立会の時間は、「16:30〜19:00」のままです。

ザラバ取引の取引時間

ザラバ取引時間と引板合わせ

東京商品取引所では、日中立会のザラバ取引時間が「8:45〜15:10」、夜間立会のザラバ取引時間が「16:30〜5:25」(ゴムは18:55)となります。

ザラバ取引時間終了後に、5分間の注文受付時間を設けて取引時間の最後に引板合わせが実施されます。

ノンキャンセル・ピリオドの導入

日中立会の寄板合わせ、夜間立会の寄板合わせ及び引板合わせ直前に1分間の注文の取り消しを行うことができない時間帯があります。 その時間帯をノンキャンセル・ピリオドと呼びます。


引板合わせ時間

即時約定可能幅(DCB幅)の導入

・即時約定可能値幅外で注文が対当した場合には、30秒間の一時中断(DCB:Dynamic Circuit Breaker)
 行います。
・DCB中は注文受付を行い、板合わせから再開いたします。
・即時約定可能値幅は基準値段(原則として直近約定値段)を基に設定されます。

即時約定可能額イメージ

買い成行(MO)注文を5枚出した場合

      即時約定可能幅内に売り注文が5枚以上あるので、即時約定します。


買い成行(MO)注文を20枚出した場合

      即時約定可能幅内の売り注文が15枚のために即時約定するのは15枚です。
      上限値段よりも高い4,500円では対当するものの約定せずにDCB(30秒間立会中断)が発動します。
      なお、自身の成行注文でDCBが発動した場合は、残りの5枚の注文はキャンセルされます。



売り指値(LO)注文(4,400円)を15枚出した場合

      即時約定可能幅内に買い注文が15枚以上あるので、即時約定します。


売り指値(LO)注文(4,400円)を40枚出した場合

      即時約定可能幅内の売り注文が30枚のために即時約定するのは30枚です。
      下限値段よりも安い4,400円では対当するものの約定せずにDCB(30秒間立会中断)が発動します。
      なお、自身の指値注文でDCBが発動した場合は、残りの10枚は4,400円の指値注文として
      板に残ります。



サーキットブレーカー制度の変更

項目 次期システム 現行システム
CB発動の条件 市場状況を勘案し東京商品取引所が必要と認めた場合 CB幅外で注文が対当した場合
CBの時間 市場状況を勘案し東京商品取引所が必要と認めた時間 5分間

※サーキットブレーカー幅と発注可能値段幅が同値となるためにサーキットブレーカー幅外への注文発注は
 キャンセルされます。


即時約定可能幅とサーキットブレーカー幅のイメージ

即時約定可能幅とサーキットブレーカー幅

下記の即時約定可能幅とサーキットブレーカー幅は市場状況を勘案し、定期的に見直されます。(2016年9月現在)

商品 即時約定可能幅(DCB幅) サーキットブレーカー幅(SCB幅)
金(標準・ミニ・限日) 40円 800円
白金(標準・ミニ) 40円 800円
石油市場 400円 10,000円
ゴム 1.5円 20円
一般大豆 500円 4,800円
とうもろこし 250円 1,500円

売買注文の仕様変更

MTLO(マーケット・トゥー・リミット注文)の仕様変更

・反対サイド(売り注文であれば買側、買い注文であれば売側)に注文がない場合は注文がキャンセルされるようになります。

SCO(スタンダードコンビネーション注文)の仕様変更

・寄付板合わせ前の注文受付時間から発注可能となり、SCO同士の寄付板合わせを行います。
・金ミニ−白金ミニの商品間SCOを新たに追加いたします。
・取引所のSCO注文の有効期限が最大1計算区域までとなりますのでセッション終了後に注文が一度失効します。(失効された注文は指定日まで自動的に再発注されます)

SO(ストップオーダー注文)及び逆指値注文の仕様変更

・トリガー条件は「買気配」「売気配」「直近約定価格」の3つから「発注後の直近約定価格」のみになります。
・SO−MO、SO−LOのみになります。(SO−MTLOは発注できません)

引け条件付き注文(引成、引指)の導入

・引板合わせ時を執行条件とする引成注文、引指注文が発注可能になります。
・引成注文、引指注文の有効期限は当該セッションのみとなります。

BLO及びNSCOの提供の取り止め

・取引所がBLO(ベスト・リミット注文)及びNSCO(ノン・スタンダード・コンビネーション注文)の提供を取りやめるために、当社でもBLO及びNSCOの提供を取りやめさせていただきます。

帳入値段及び最終決済価格の変更

・帳入値段は原則として終値となります。
・当月限納会日にあっては原則として日中立会における加重平均(VWAP)となります。

項目 次期システム 現行システム
現物先物取引 帳入
値段
通常日 終値 算出基準時間帯のVWAP
当月限
納会日
日中立会におけるVWAP 算出基準時間帯のVWAP
金ミニ
白金ミニ
帳入
値段
通常日 標準取引の帳入値段と同値 標準取引の帳入値段と同値
取引最終日 標準取引の帳入値段と同値 標準取引の当月限納会日の日中立会始値
(最終決済価格と同じ)
※金限日の帳入値段は現行どおり理論値ですが、算出基準元である標準取引の帳入値段の決定方法が変更されます。

その他の変更点

・年末の取引最終日(大納会)に翌計算区域の夜間立会を実施します。
・新甫発会を日中立会からに変更いたしますので、当月限納会日の翌営業日から新甫発会となります。
・ミニ取引の取引最終日が1営業日繰り上がり、日中立会にて取引終了となります。
・納会月割増額が2番限にも加算されるようになります。なお、加算される納会月割増額は基本証拠金の2倍です。
(2番限に納会月割増額が加算されるのは新システム移行後に発会した新しい限月からになります。)

新システムへの移行時の注意点

・9月16日(金)【旧システムの最終日】における夜間立会は休止します。
(9月16日の夜間立会は休止となりますので、電話によるお問い合わせは19時までとなります)
・移行日前までに取引所で受け付けた注文のうち未約定のものは、取引所の新システムには引き継がれません。


ご不明な点などがございましたら、コムテックスオンライントレード課までお問い合わせください。

コムテックスオンライントレードをご希望の方は、
ネット上で手続きができる無料の口座開設をご利用下さい。

コムテックス オンラインサービス 口座開設へ

キャンペーン情報
インターネット照会サービス
コムテックスオンライン取引 SPAN証拠金制度
プロが考案した先物取引ツール TradeOne Pro
トレードワン プロ ダウンロード
(EXEファイル:4.7MB)
CXマーケットEye
フュージョントレード
TradeoneOnline