「 商品先物取引 」 のことならまずは、コムテックスにご相談ください。
先物取引 Comtexホーム|商品先物取引ならコムテックス

商品先物取引ならコムテックス

商品先物取引のコムテックス


チャートの見方

テクニカル分析のラベルをクリックすると、説明ページにジャンプします。
ここで紹介しているテクニカル分析手法に関して、説明中で売買の指示の目安になる数値も掲載してありますが、あくまで目安であり、利益を保証するものではありません。
実際の売買はご自身の判断で行って下さいますよう、お願いいたします。

ローソク足 移動平均線 ボリンジャー・バンド 一目均衡表
パラボリック 相対力指数 MACD ストキャスティクス
乖離率 RCI 出来高 ROC

 また下記に表示する指標は現在ではあまり使われることはありませんが、トレードワン内でチャート分析に使用できます。

サイコロジカル DMI 加重移動平均
P&F カギ足 新値足

新値足

 新値足は新値が出たときのみチャートに書き加えていく、トレンドを把握するために使われる指標です。

新値足の分析

 陽転すれば買い、陰転すれば売り、陽転して2本目の陽線でさらに買い、陰転し2本目でさらに売り、と単純に判断します。 また、線が何本連続して出るかによって判断することもあり、経験則から概ね10本連続の後、逆の線が出れば反転と判断されます。
 通常、3本、5本、10本が使われますが、本数が大きい程、より長期的なトレンド分析に向いています。  しかしながら、あまり大きすぎると転換点を捉えるのが遅くなったり、揉み合いで方向感が定まらない期間は線が引かれずに参考にならないこともあります。

新値足