「 商品先物取引 」 のことならまずは、コムテックスにご相談ください。
先物取引 Comtexホーム|商品先物取引ならコムテックス

商品先物取引ならコムテックス

商品先物取引のコムテックス


チャートの見方

テクニカル分析のラベルをクリックすると、説明ページにジャンプします。
ここで紹介しているテクニカル分析手法に関して、説明中で売買の指示の目安になる数値も掲載してありますが、あくまで目安であり、利益を保証するものではありません。
実際の売買はご自身の判断で行って下さいますよう、お願いいたします。

ローソク足 移動平均線 ボリンジャー・バンド 一目均衡表
パラボリック 相対力指数 MACD ストキャスティクス
乖離率 RCI 出来高 ROC

 また下記に表示する指標は現在ではあまり使われることはありませんが、トレードワン内でチャート分析に使用できます。

サイコロジカル DMI 加重移動平均
P&F カギ足 新値足

ストキャスティクス

 ストキャスティクスは、相場の買われすぎ、売られすぎを明確にする指標です。

ストキャスティクスの分析方法

分析を行う場合、%Kと%Dの2種類の数値が必要になり、またデータの取り方によりファストとスローがあります。数値は0〜100%のパーセンテージ表示であり、一般的なエッジ・バンドは上が70%、下が30%です。エッジ・バンド内に%Dがある間はポジションに偏りはないと想定し、エッジ・バンドの上下に外れた時がポイントになります。%Dがエッジ・バンドの上に来た場合は買われ過ぎ、一方、下回っている場合は売られ過ぎで、その段階で%Kがどのように%Dとクロスするかで判断します。

スパイク・トップ(ボトム)

スパイク・トップ %Dが∧(またはV)の形でエッジ・バンドの外で反転(反騰)した時に%Kが遅れてトップ(ボトム)の右サイドからクロスした場合は強いシグナルになります。エッジ・バンドの上でスパイク・トップの後に下向きの%Dに%Kがクロスした場合は強い売り指示、エッジ・バンドの下でスパイク・ボトムの後に上向きの%Dに%Kが右サイドからクロスする形が強い買い指示になります。

ガービッジ・トップ(ボトム)

ガービッジ・トップ %Dがトップ(ボトム)近辺の時に%Kが3度クロスして、特に3度目がはっきりとしたクロスサインの場合(2度目のクロスはダマシ)は強い売り(買い)指示になります。

ストキャスティクス