「 商品先物取引 」 のことならまずは、コムテックスにご相談ください。
先物取引 Comtexホーム|商品先物取引ならコムテックス
商品先物取引ならコムテックス
レポート
  • 品先物取引WEEKLY
  • 本日の国内市況
  • 朝の海外市況

WEEKLY展望

WEEKLY 展望は、弊社アナリストが個々の判断に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。 売買に際しての最終的判断は、あくまでもご自身でご決定ください。

弊社アナリストは投資セミナーも開催していますのでお気軽に参加ください。
  セミナースケジュールはこちら

2019-06-14更新

WEEKLY WATCH 貴金属

東京金チャート(週足) 貴金属週間展望。東京金は先週“ポジションは軽装にし、さらに上を目指すのか?目 先天井となるかを見極めたうえで次の一手を考えたい”と掲載しましたが、4600円を 割り込まずに、再上昇の様相を濃くしており、有料情報サイト内の2DayMAクロスオバ ー法では6月13日に買い転換となっており、週末には高値更新したことで買い優勢と 考えたい。白金は先週“2DayMAクロスオバー法でも買い転換しましたが、急ブレーキ がかかり暗雲が漂っている。直近安値2770円を割り込む様なら買い解消と考えた い”と掲載しておりましたが今月の高値・安値以内の動きで膠着状態となっており大 きく動くためには今月レンジのブレイクを待っての対応が良いと考える。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 原油

原油チャート(週足) 東京原油週間展望。先週号では“売り優勢ながらここからの下値は危険領域と見る。 東京原油も安値更新したものの即回復するなど下げに抵抗を見せていることもあり、 一先ず売りは解消し短期サインの買い点灯なら打診レベルからの買い出動と考えた い”と掲載しておりましたが、10日に今月高値を上回りましたが40000円を壁にして 押し戻されレンジ形成の様相でレンジブレイク待ちの状態。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH とうもろこし

東京とうもろこしチャート(週足) 東京コーン週間展望。先週号では、“買い解消となり、7日安値を割りこむ様なら売 り転換と考えたい”と掲載しておりましたが、7日安値をアッサリ割り込み売り転換 となったものの、作付遅れが深刻しており急反発を見せ、2DayMAクロスオバー法でも 12日に買い転換し売りポジションはあえなく玉砕し買い転換となりました。海外コー ンは高値更新し、国内市場も25810円の関門はあるものの、異次元の作付け遅れが大 相場に発展する可能性があると見る。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH ゴム

東京ゴムチャート(週足) 東京ゴム週間展望。先週号では、“買い優勢ながら6月のゴムの特徴を考えれば売り 場探しを考えたい”と掲載しておりましたが、上げ一服感はあるものの、決定打が出 てない状況。 3月高値と今月高値のダブルトップ形成への足取りとなるためには200 円を明確に下回る動きがないと打診売りもまだできないと考える。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 為替

ドル/円チャート(週足) 為替週間展望。市場の関心は来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)に移っており、金 融市場全体の値動きが限定的の中、ドル円相場も108円台の極小レンジにとどまって おり方向感を失っている状態。今月レンジの108.79−107.80のレンジブレイク待ちの 情勢。

ページTOPへ↑