「 商品先物取引 」 のことならまずは、コムテックスにご相談ください。
先物取引 Comtexホーム|商品先物取引ならコムテックス

商品先物取引ならコムテックス


レポート
  • 品先物取引WEEKLY
  • 本日の国内市況
  • 朝の海外市況

WEEKLY展望

WEEKLY 展望は、弊社アナリストが個々の判断に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。 売買に際しての最終的判断は、あくまでもご自身でご決定ください。

弊社アナリストは投資セミナーも開催していますのでお気軽に参加ください。
  セミナースケジュールはこちら

2017-03-24更新

WEEKLY WATCH 貴金属

東京金チャート(週足) 貴金属週間展望。金は売り方針から先週コメントした「4478円が戻りターゲ ットで週明けからここでブロックを受けるようなら反落するシナリオ」とし、今 週は4468円まで伸びるも先週の4475円を前にブロックされた格好。しか しながらNY金の急反発VS円高で相殺されての現状レベルでテクニカル面では NY市場はオール買いに好転しており、東京市場もメイン指標MACDが買いク ロスへ。引き続き売り方針ながらも4478円を上抜けるようなら売り方針を撤 退し買い転換としたい。上抜けずに4414円を下抜けてくるようならむしろ追 加売りも妙手。 一方の白金は売り方針一貫から先週下値予測した3375円には及ばないものの 3418円まで値を切り下げて3週連続して安値更新の地合い。金の反発にシン クロして切り返す場面もすぐさま反落する典型的な戻り売りのパターンで、テク ニカル面も東京&NY市場ともに好転は見られず、引き続き売り方針キープ。下 値ターゲット3375円、上値抵抗3498円。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH ガソリン・灯油

原油チャート(週足) 東京ガソリン週間展望。売り方針一貫から先週予測した下値ターゲット4850 0円をもあっさり下抜け昨年11月以来の47000円台へ。先週のNY原油5 0ドルライン下抜け余波は続いて、米オイル在庫の週間報告が予測よりも急増し たことでさらに値を切り下げる展開となり、47ドルラインをかろうじて死守。 しかし下値模索の地合いはまだ続きそうで昨年12月1日のOPEC会議サプラ イズ急上昇の起点となった44ドルラインまでの「いってこい」のシナリオもみ えてきた。テクニカル指標も東京&NY市場揃って全指標売りを維持しており、 引き続き売り方針キープ。下値ターゲット46850円、上値抵抗50100 円。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 大豆・とうもろこし

東京一般大豆チャート(週足) 東京とうもろこしチャート(週足) 東京コーン展望。売り方針一貫から先週下値予測した22030円をもあっさり 下抜けて1月13日につけた安値21570円に急接近。シカゴ市場では大豆・ 小麦の下落に連鎖する格好で下値サポート360セントをもあっさり下抜けてし まい、テクニカル指標はシカゴ&東京市場ともに全指標売りへ悪化。引き続き売 り方針キープとしたい。下値ターゲット21210円、上値抵抗22130円。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH ゴム

東京ゴムチャート(週足) 東京ゴム展望。先週買い方針へ転換としたものの、コメントした「255円下抜 けなら買い撤退&売り方針」は22日(水)にヒットし、買い撤退&売りスター トへ。年初来安値を更新し、メイン指標MACDが再度売りクロスしたことで全指標 売りへ悪化したことを受けて安値更新リズムが継続とみて引き続き売り方針キー プとしたい。下値ターゲット235.7円、上値抵抗262.0円。244.5 円を下抜けてくるようなら追加売りも妙手。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 為替

ドル/円チャート(週足) 為替週間展望。ドル円はドル安基調から先週下値予測した111.60円をも下 抜けて昨年11月以来の110円へ。強固に作用していた111.60円サポー トラインを下抜けたことで年始118円台からのダウントレンドのリズム継続と みる。テクニカル指標は軒並み悪化し、全指標売りクロスとなっており引き続き ドル売り方針へ。下値ターゲット109.93円、上値抵抗111.82円。

ページTOPへ↑