「 商品先物取引 」 のことならまずは、コムテックスにご相談ください。
先物取引 Comtexホーム|商品先物取引ならコムテックス
商品先物取引ならコムテックス
レポート
  • 品先物取引WEEKLY
  • 本日の国内市況
  • 朝の海外市況

WEEKLY展望

WEEKLY 展望は、弊社アナリストが個々の判断に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。 売買に際しての最終的判断は、あくまでもご自身でご決定ください。

弊社アナリストは投資セミナーも開催していますのでお気軽に参加ください。
  セミナースケジュールはこちら

2019-08-16更新

WEEKLY WATCH 貴金属

東京金チャート(週足) 貴金属週間展望。東京金は先週号では“買われすぎ感を根拠に逆張りの売り狙い か?流れは継続すると見込んだトレンドフォロー系売買か?判断分かれるところ ですが、買い優勢に変化なしと考えたい”と掲載しておりましたが、高値更新と 衰えを見せない動きとなっております。天井を特定するのは難しいですが、出来 高や乖離率などから判断するのも一考と思います。白金は先週号では“下げ一服 となっていますが、上値も限定的。引き続き各指標売り優勢のためスタンス継続 と考えたい”と掲載しておりましたが、今月安値を割り込み6月安値野2800円割 れを再度目指す展開が有力と考えたい。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 原油

原油チャート(週足) 東京原油週間展望。先週号では“売り優勢に変化なし。ただ売られ過ぎ感が台頭 してきているので自律反発が入っても不思議はない状態”と掲載しておりました が、大幅反発を見せましたが、この戻りは格好の売り場提供になった可能性が高 いとみる。テクニカルポイントとしては上値37880円・下値34280円になっている ため、上値のポイントを突破するようなら方針転換が視野に入ります。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH とうもろこし

東京とうもろこしチャート(週足) 東京コーン週間展望。先週号では、“上値は限定的で今週高値を終値ベースで上 回らなければ売り優勢に変化なしと考えたい”と掲載しておりましたが、年初来 安値を更新し見立て通りの足取りとなっています。さすがにオシレータ系指標の 売られ過ぎ感も台頭しており自律反発があっても不思議はありませんが、弱基調 に変化なし。昨年末安値21940円を割り込むか割り込まないかが来週のポイント と思われます。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH ゴム

東京ゴムチャート(週足) 東京ゴム週間展望。先週号では、“情報サイトCXマーケットEye内の2DaysMAクロ スオバーでは8月8に買い転換となった。ただCXAIシグナルは売り継続を示してお り、基本的に戻り売り相場優勢に変化なしと考えます”と掲載しておりました が、今週は膠着状態で推移し2DaysMAクロスオバーでは8月14日に買い転換した。 上値171.8円・下値160.7円にテクニカルポイントがあるため、どちらにブレイク するかに注目したい。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 為替

ドル/円チャート(週足) 為替週間展望。先週号では“全指標ドル安・円高優勢となっており、107円を明 確に回復できなければドル安歩調に変化なしと考えたい”と掲載しておりました が、105円割れ寸前まで円高進行したあと107円近くまで円安進行と荒っぽい週と なった。MACDや平均線など各指標は円高から円安への転換しているものも見られ ますが、テクニカルポイントと考えられる106.97円突破か105.04割れが次の方向 性と考えたい。

ページTOPへ↑