「 商品先物取引 」 のことならまずは、コムテックスにご相談ください。
先物取引 Comtexホーム|商品先物取引ならコムテックス

商品先物取引ならコムテックス

レポート
  • 品先物取引WEEKLY
  • 本日の国内市況
  • 朝の海外市況

WEEKLY展望

WEEKLY 展望は、弊社アナリストが個々の判断に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。 売買に際しての最終的判断は、あくまでもご自身でご決定ください。

弊社アナリストは投資セミナーも開催していますのでお気軽に参加ください。
  セミナースケジュールはこちら

2019-01-11更新

WEEKLY WATCH 貴金属

東京金チャート(週足) 貴金属週間展望。金は4433円&4456円の2弾買いから年末からにコメントし た「4474円以下なら売り転換」に7日(月)に到達し、買い撤退&売りスタート へ。ただNY金は昨年6月以来となる1300ドルに到達し、テクニカル面でもCC Iやモメンタムなど基調の強さを維持している。円高の影響で東京市場が先行して全 指標売りへ悪化したがNY金が1278ドルを下抜けてくれば下落加速のシナリオが 見えてくるが、割り込まずに底固いようなら東京市場でも下値は4450円レベル限 定的とみる。 一方、白金は2880円買いから越年し、年明け直後には2762円まで急落したこ とで大きく悪化しかけたが、翌日にすぐさま急反発して、本日2867円引けと安値 からは100円以上の切り返したことで週足ベースではどうにか陽線引けに。テクニ カル指標もまた意外にもNY&東京市場ともに全指標買いへ躍進しており、引き続き 買いポジションをキープしたい。上値ターゲット2946円、下値サポート2843 円。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 原油

原油チャート(週足) 東京原油週間展望。年末27日に37240円買いスタートして越年へ。ガソリンも 27日47510円買いスタートして同じく越年へ。年明け直後に株式の急落や円高 へ大きく振れたにも関わらず、4日スタートから本日までなんと6日連続の前日高値 更新と大躍進。1月からOPEC会議で決まった減産を履行するかどうかがポイント となったが、NY原油が重いと見られた50ドルラインをも上ブレイクしたことで全 指標買いへテクニカル面も一気に強基調に。引き続き買い方針キープで原油の上値タ ーゲット41940円、下値サポート37910円。ガソリンの上値ターゲットは5 2870円、下値サポート48850円。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH とうもろこし

東京とうもろこしチャート(週足) 東京コーン展望。年末のコメントで「年明け22000円前後なら買い仕掛けを1月 4日にトライ」と書いたが、4日終値が22340円と触手が動く価格帯ではなく見 送り。今週に入ってシカゴ市場が380セント台に回復して上昇気配を見せるもすぐ さま反落し、強い抵抗を受けている。週明けにかけて22650円以下があれば売り 仕掛けでトライしたい。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH ゴム

東京ゴムチャート(週足) 東京ゴム展望。157.0円&161.9円&170.8円の異例の3弾買いのまま で越年し、年末コメントで「173.1円以上が実現ならさらに月末まで上昇期待」 と書いた。4日新年スタート直後から強烈な円高&株式安でも全く影響なく、178 円台へ豪快に伸びたことはかなりのサプライズに。騰勢は衰えず187円台までさら に値を伸ばし、1月末まで上昇リズム期待がさらに膨らむ。ただ、オシレーター指標 RSIで75ポイント近いかなり高い値となったことで来週末にかけて179.5円 以下になるようなら第1弾だけを残し、上2弾を決済も視野に入れたい。割り込まな いようならもちろん買い堅持で。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 為替

ドル/円チャート(週足) 為替週間展望。ドル円は年末コメントで「株式下落スタートなら108.10円へ」 と書いたが、そんな予測を嘲笑うように発会スタート前に104円台まで売られるも 108円台に落ち着いて今週終了。NY株式の回復も影響しているが、意外にもメイ ン指標MACDが買いクロスし、他指標も好転していることから来週にかけて10 8.60円を上ブレイクなら再び110円トライのシナリオも。一方で107.60 円下抜けが先ならドル売り加速につながる重要な値位置に。

ページTOPへ↑