「 商品先物取引 」 のことならまずは、コムテックスにご相談ください。
先物取引 Comtexホーム|商品先物取引ならコムテックス
商品先物取引ならコムテックス
レポート
  • 品先物取引WEEKLY
  • 本日の国内市況
  • 朝の海外市況

WEEKLY展望

WEEKLY 展望は、弊社アナリストが個々の判断に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。 売買に際しての最終的判断は、あくまでもご自身でご決定ください。

弊社アナリストは投資セミナーも開催していますのでお気軽に参加ください。
  セミナースケジュールはこちら

2019-04-19更新

WEEKLY WATCH 貴金属

東京金チャート(週足) 貴金属週間展望。金は4月9日に買い転換で情報サイトCXマーケットEye内の2DayMAク ロスオバー売買法での売り転換なら方針転換としておりましたが、4月16日に転換し 4618円売り成立となっております。今週4月1日安値4568円を割り込んだことで、2月 高値を起点とした下落の流れが継続していること考えられますので、指標の転換がな い限り売りキープと考えたい。白金は保合い状態が継続しており、週末の上伸で短期 指標は買い転換したものの、売り支持の指標もあり混とんとしています。引き続き上 値3272円、下値3151円をブレイクしない限りレンジ内の売買の組み立てが無難と思わ れます。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 原油

原油チャート(週足) 東京原油週間展望。緩やかな上昇が続いている状態で、引き続き全指標買い支持のた め買い方針をキープしたい。ただトーンダウンしている指標もあり、今週安値46800 円を割り込む様ならポジション縮小もしくは撤退も一考と考えます。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH とうもろこし

東京とうもろこしチャート(週足) 東京コーン週間展望。先限つなぎ足では23500円から25000円のレンジが継続していま すが、今週新甫発会した旧先限3月限一代足ではレンジ下限を4月17日に割り込み、レ ンジブレイクを起こしました。よって先週記載のトレンドモードでの売買に転換し、 4月18日23920円で売り成立となっています。指標の好転がない限り売りキープと考え たい。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH ゴム

東京ゴムチャート(週足) 東京ゴム週間展望。先週第二弾の売りが発動し198.5円以上にギブアップ設定で売り キープとしていましたが、順調な動きとなっています。今週後半にかけ各指標の悪化 が目立っており売り方針はキープと考えたい。ただし192.1円以上なら第二弾発動の ポジションは撤退し、第一弾の売りのみキープとしたい。また攻めるのであれば、本 日安値を下回るようなら、本日高値ワンティク上に撤退を設定し第三弾の仕掛けも一 考です。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 為替

ドル/円チャート(週足) 為替週間展望。先週想定した今週レンジは112.80−110.80円でしたが、結果は112.16 −111.76円の極小レンジと膠着状態に陥っている。本日はグッドフライデーで米市場 は休場、東京市場は大型連休の接近もあり身動きが取れない状態が続くとみる。

ページTOPへ↑