「 商品先物取引 」 のことならまずは、コムテックスにご相談ください。
先物取引 Comtexホーム|商品先物取引ならコムテックス

商品先物取引ならコムテックス

レポート
  • 品先物取引WEEKLY
  • 本日の国内市況
  • 朝の海外市況

WEEKLY展望

WEEKLY 展望は、弊社アナリストが個々の判断に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。 売買に際しての最終的判断は、あくまでもご自身でご決定ください。

弊社アナリストは投資セミナーも開催していますのでお気軽に参加ください。
  セミナースケジュールはこちら

2018-07-13更新

WEEKLY WATCH 貴金属

東京金チャート(週足) 貴金属週間展望。金は4456円買い方針から先週コメントで「4471円上抜けな ら追加買い」は9日にヒットし、買い2弾へ変化。NY金は昨年12月の安値1238ドルに 並んでからの急反発はWボトムを演出し、テクニカル指標も大きく改善へ。一方で東 京市場は円安加速が援軍となり、メイン指標MACDをはじめ全指標買いへさらに基 調を強めたことで引き続き買いキープ。上値ターゲット4541円、下値サポート4 463円。 白金は先週3002円で買いスタートから先週コメントで「3012円上ブレイクな ら追加買い+2955円以下ギブアップ」は9日(月)に2弾買いへ躍進するも11日に 急反落し、ギブアップ設定のわずか4円手前の2959円で止まってから上昇を開始 し、先週の高値を豪快に上抜ける力強い引け味に。テクニカル指標はMACDをはじ めパラボリック、CCIと揃って買いクロスへ躍進しており、引き続き買いキープで 上値ターゲット3110円、下値サポート2959円。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 原油

原油チャート(週足) 東京原油週間展望。48580円買い方針から先週コメントした「49290円以下 なら買い撤退&売りスタート」は12日(木)にヒットし、売り方針へ。NY原油が 75ドル台からリビアの原油供給再開の報道をきっかけに1日に3ドルを超える急落 を演じたことでテクニカル指標も激変した。先週のトランプ大統領ツイッター「OPEC は直ぐに価格を引き下げるべきだ」が直接の影響とは考えにくいが今回の急落でテク ニカル指標は東京&NY市場揃って全指標売りへ転落したことで売りポジションキー プ。夜間から週明けにかけて48800円を下抜けしてくるようなら追加売りをトラ イしてみたい。下値ターゲット47460円、上値抵抗50900円。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH とうもろこし

東京とうもろこしチャート(週足) 東京コーン展望。24020円買いスタートから先週コメントした「23540円を 下抜けなら買い撤退&売りスタート」はあえなく10日(火)にヒットし、売り方針 へ。 米中貿易摩擦に対する懸念からシカゴ市場で売り波及し、需給報告を前に生産量の上 方修正観測も手伝って一段安へ。先月につけた340セント台を割り込んで年初安値 を更新するも先月同様に340セントラインからの切り返しは注目に値する。来週は 短期反発狙いで23600円を上抜けなら買い仕掛けをトライ、上抜けるスタミナな ければ売りポジションキープで。買いヒットなら22800円以下にギブアップを設 定しておきたい。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH ゴム

東京ゴムチャート(週足) 東京ゴム展望。174.7円買い方針から劣勢が続く中、先週コメントした「16 6.9円割り込みならギブアップ」は169.0円が安値となり、かろうじて買いポ ジションはキープ。しかしながらテクニカル指標に好転は見られず、反発力もまだ乏 しいことから引き続き先週同様に166.9円を下抜けなら買いポジション全撤退は やむを得ない。割り込みなければ買いキープで。

ページTOPへ↑

WEEKLY WATCH 為替

ドル/円チャート(週足) 為替週間展望。ドル円は110円中心に上下1円の狭いレンジ内から先週コメントで 「111.40円を上抜けるようならドル高円安加速のポイント」とし、11日にブ レイクしたとたんにドル買い加速し、1月以来の112円台へ。当然ながらテクニカ ル指標は急激に強含み全指標買いへ躍進したことからドル買いの騰勢はまだ続きそう だ。上値ターゲット113.70円、下値サポート111.40円。

ページTOPへ↑