[ 発行日:07/18 ]

貴金属市況

商品 限月 前帳入値 始値 高値 安値 帳入値 前日比
東京金 201906 4478 4454 4455 4439 4442 -36
東京銀 201906 57.1 56.9 56.9 56.5 56.7 -0.4
東京白金 201906 2993 2978 2978 2956 2957 -36
東京パラジウム 201906 3189 3181 3191 3172 3172 -17
07/18 15:43 〔東京貴金属〕金、NY安映し続落=白金も安い(18日)

金は続落。終値は、中心限月2019年6月先ぎりが前日比36円安の4442円、ほかは33~38円安。日中立ち会いは、17日のニューヨーク金先物相場安を受け、安寄りした。その後は、取引中のNY金の軟化に歩調を合わせて水準を切り下げた。ゴールドスポットは32円安の4455円。

銀も安い。

白金もNY安を映して続落。先ぎりが36円安の2957円、ほかは36~44円安。プラチナスポットは45円安の2958円。

パラジウムは、約定された期中2限月と先ぎりが、7~17円安。

エネルギー・ゴム市況

商品 限月 前帳入値 始値 高値 安値 帳入値 前日比
東京原油 201812 48130 48620 48670 48450 48570 +440
東京ガソリン 201901 60850 61280 61300 61020 61230 +380
東京灯油 201901 66330 66760 66780 66610 66780 +450
東京ゴム 201812 173.1 174.0 175.2 173.6 174.4 +1.3
07/18 15:42 〔東京石油〕中東産原油、円安映し反発=製品も高い(18日)

中東産(ドバイ)原油は、反発。終値は、中心限月12月先ぎりが前日比440円高の4万8570円、他限月は150~400円高。日中立ち会いは、円相場の下落を受け、高寄りした。その後は、ニューヨーク原油(WTI)相場、円相場ともに動意に乏しく、小幅なレンジで推移した。

石油製品(バージ)も反発。ガソリンが350~460円高、灯油は290~470円高。

中京石油(ローリー)は、ガソリンの期近2限月が変わらず~390円高、灯油は当ぎりが100円高で引けた。

07/18 15:46 〔東京ゴム〕円安映し上伸=上値は重い(18日)

上伸。終値は、中心限月12月先ぎりが前日比1円30銭高の174円40銭、他限月は9月きりが20銭安、ほかは30銭~1円50銭高。日中立ち会いは、上海ゴム相場の夜間取引の堅調や、為替相場の円安・ドル高を映し、終日買いが先行したが、戻り待ちの売りに上値も重かった。

穀物市況

商品 限月 前帳入値 始値 高値 安値 帳入値 前日比
東京とうもろこし 201907 23240 23460 23500 23340 23400 +160
東京一般大豆 201906 45170 - - - 45000 -170
07/18 15:50 〔東京穀物〕コーン、上昇=高寄り後は伸び悩み(18日)

トウモロコシは上昇。終値は、中心限月2019年7月先ぎりが前日比160円高の2万3400円、ほかは変わらず~230円高。日中立ち会いは、シカゴ相場が作柄悪化懸念から上昇した流れを引き継ぎ、高寄りした。その後は、上値の重いシカゴ相場を眺めて、伸び悩んだ。