コムテックスサイト >オンラインサイトTOP > 商品先物取引のしくみ > 売り買いがある

売り買いがある

商品先物取引のしくみ(売り買いがある)

商品先物取引は、「買い」だけでなく、「売り」からでも取引をスタートできます。
「買ってから値上がりした時点で売ると利益」だけではなく、「売ってから値下がりした時点で買うと利益」となり、どちらでスタートしても構いません。

「将来、値上がりするのでは?」と思えば買いでスタートして、「将来、値下がりするのでは?」と思えば売りでスタートすることができます。相場の下落局面でも、利益を狙うことができるのが商品先物取引の特徴です。

値上がり投資と値下がり投資

また、FXのように売りに対してスワップ金利が発生しません。ただし、買いについてもスワップ金利が発生しないので注意が必要です。

漫画「身近な商品を取引しよう!の巻き」


なぜ「売り」から入れるのか


先物取引の売りは「将来」に商品を渡す約束をする取引ですから、現時点で対象物を保有している必要はありません。目論見どおり価格が下がれば、 買い戻しして利益を確定すれば良いのです。これを「空売り」といいます。

例えば、原油先物で来年のの4月受け渡しの物が1バレル60ドルで取引されているとしましょう。ここから原油価格が下がると思っている人は、この取引に売りから入ります。 売りっぱなしで放っておくと、来年の4月になったら実際に原油を確保しなければなりませんが、買い戻しでこの取引を終わらせれば、原油を確保する必要はありません。

仮に予想どおりに原油価格が1バレル50ドルに下がり、この価格で原油先物を買い戻しできれば1バレル10ドルの儲けとなります。

また、このように「買い」の取引を「売る(転売)」、「売り」の取引を「買う(買い戻し)」により、買った時または売った時の価格と現在の価格との差額を清算して取引を終了することを 「差金決済(さきんけっさい)」と呼びます。

商品先物取引入門「売り買いがある」のワンポイントアドバイス

「買付け」て取引を始めることを「新規買い」、「売り付け」て取引を始めることを「新規売り」といいます。取引が成立した契約のうち、未決済の契約(ポジション)を「建玉(たてぎょく)」と呼び、「買付け」による建玉を「買建玉」、「売付け」による建玉を「売建玉」と呼びます。

コムテックスオンライントレードをご希望の方は、
ネット上で手続きができる無料の口座開設をご利用下さい。

コムテックス オンラインサービス 口座開設へ

キャンペーン情報
インターネット照会サービス
コムテックスオンライン取引 SPAN証拠金制度
プロが考案した先物取引ツール TradeOne Pro
トレードワン プロ ダウンロード
(EXEファイル:4.7MB)
先物情報局
フュージョントレード
TradeoneOnline