コムテックスサイト >オンラインサイトTOP > 商品先物取引のしくみ > 具体的な計算方法

具体的な計算方法


東京金を買い建玉した場合の計算例

東京金の期先を5,100円で1枚買い、5,150円で決済したときの計算例。

東京金の期先を5,100円で買い、5,150円で決済したときの計算例

東京金の期先を5,150円で1枚買い、5,100円で決済したときの計算例。

東京金の期先を5,150円で買い、5,100円で決済したときの計算例

取引証拠金・取引単位・倍率等は、変更される場合がありますので、取引を始める際には確認してください。 また、当社オンライントレードの手数料は、デイトレードの時は往復で346円になります。


委託手数料についてはこちらをご覧ください。


東京金を売り建玉した場合の計算例

東京金の期先を5,150円で1枚売り、5,100円で決済したときの計算例。

東京金の期先を5,150円で売り、5,100円で決済したときの計算例

東京金の期先を5,100円で1枚売り、5,150円で決済したときの計算例。

東京金の期先を5,100円で売り、5,150円で決済したときの計算例

「将来、値下がりするのでは?」と思えば売りでスタートすることができます。相場の下落局面でも、利益を狙うことができるのが商品先物取引の特徴です。

各銘柄の取引単位と値動きによる差損益金一覧はこちら

コムテックスオンライントレードをご希望の方は、
ネット上で手続きができる無料の口座開設をご利用下さい。

コムテックス オンラインサービス 口座開設へ

キャンペーン情報
インターネット照会サービス
コムテックスオンライン取引 SPAN証拠金制度
プロが考案した先物取引ツール TradeOne Pro
トレードワン プロ ダウンロード
(EXEファイル:4.7MB)
先物情報局
フュージョントレード
TradeoneOnline