パラジウム先物 PALLADIUM FUTURES

取引要綱

<パラジウム先物>

取引所
大阪取引所
取引種類
現物先物取引
標準品
純度99.95%以上のパラジウム地金
限月取引
2月、4月、6月、8月、10月、12月のうち直近6限月
立会時間
[日中立会] 8:45~15:15 [夜間立会] 16:30~翌6:00
呼値の単位
1g当たり1円刻み
取引単位
500g
変動額/Tick
500円
倍率
500倍
値幅制限
1.呼値の制限値幅(SCB):基準値段を中心に以下の値を適用する。
通常制限値幅上下1,000円
第一次拡大制限値幅上下1,500円
第二次拡大制限値幅上下2,000円
※制限値幅は、サーキット・ブレーカーの発動状況に応じて二段階まで拡大(該当方向のみ)

2.即時約定可能値幅(DCB):直近約定値段を中心に上下30円
※ただし、オープニング・オークションの即時約定可能値幅は上下90円、クロージング・オークションの即時約定可能値幅は上下60円とする。
サーキット・ブレーカー
中心限月取引において、制限値幅上限(下限)の値段で約定又は買(売)気配提示された場合、全限月取引の取引を10分間以上中断する。
清算値段
夜間立会の開始時から日中立会終了時までの立会いにおける最終約定値段等
取引最終日
毎偶数月末営業日(12月は28日。休業日又は大納会に当たるときは順次繰り上げ)から起算して4営業日前に当たる日(日中立会まで)
新たな限月の開始日
取引最終日の翌取引日(日中立会から)
建玉制限枚数
売または買のそれぞれにつき2500枚(1番限は120枚、但し最終月は60枚、2番限は240枚)